ED治療赤裸々体験談2です。

セックスから逃げていた生活に終止符を打ちました

夫:Gさん(48歳・建設会社勤務)妻:H子さん(45歳・パートタイマー)

シアリス

Gさんは大きなプロジェクトのリーダーとなった45歳の時に、セックスでの失敗を経験します。

一方でリストラを勧めながら大プロジェクトだっただけに、社内でも賛否両論が飛び交い、Gさんのプレッシャーは相当なものだったようです。
当時の心労を考えればセックスの失敗など無理のないことでしたが、Gさんはその場のしらけた空気にいたたまれない思いをします。
これは大きなダメージでした。
嫌な思いを繰り返したくないという心理が働いて、Gさんはセックスを避けるようになってしまいます。
H子さんの目には、夫が言われもなく、自分とのセックスを避けているように映ります。
H子さんにしても、一度セックスに失敗したのを責める気はありませんでしたが、夫婦の寝室に入ると、先に布団に入った夫は何時も眠っています。
狸寝入りではないか、とH子さんは再三思ったそうです。
この頃を振り返って、Gさんは家に帰ったら一刻も早く眠りたかった、疲れるようなことはしたくない、どんな内容であれ煩わしいことは仕事の邪魔だという気がしていたと言います。
そんなGさんに向けたH子さんの視線にもどこか刺々しいところがあったのかもしれません。
Gさんは益々セックスからにげまわるようになります。
何処かで浮気をしていうのではないかと、H子さんが疑心暗鬼にとらわれだした頃に、不況の煽りを受けて、Gさんの進めていたプロジェクトは破綻してしまいます。
やっと妻の前にもどってきたGさんは、自分が本気で望んでも全く勃起を出来なくなってしまったことにようやく気が付きます。
度重なる挫折に、Gさんは不安と緊張に囚われるようになります。
H子さんはなんとか夫に自身を取り戻して欲しいと、受診を勧めました。
Gさんのストレスが強いことから、弱い抗うつ剤と併せて、バイアグラが処方されました。
バイアグラの助けを得ることで、緊張を少し緩める事ができるようになると、元々健康なGさんにとっては、セックスは恐れるものではなくなり、バイアグラの助けが次第に必要ではなくなっていきました。