ED治療赤裸々体験談1です。

妻の妊娠を機に遠のいていたセックスを取り戻した

夫:Eさん(39歳・食品会社勤務)妻:F子さん(33歳・主婦)

シアリス

Eさん夫婦は結婚して6年。

結婚4年目にして初めて子供に恵まれます。それまで務めを続けていたF子さんも、出産を前に退職して子育てに専念する事にしました。
妊娠中から、それこそ、お腹の子供に良いとされることはなんでもやったというくらい、F子さんはいいお母さんになろうと頑張っていました。
Eさんも子供が生まれるのを楽しみに、奥さんの体を気遣い家事の手伝いなどもしてあげていたようです。
赤ちゃんが生まれると、F子さんの生活はまさに子供を中心に回りはじめました。
夜、Eさんが帰宅しても、F子さんとの話は子供のことばかり。
Eさんはセックスに誘うタイミングを見失ってしまいます。
出産後に中断していたセックスを再開するきっかけをつかめないまま、1年以上がたってしまいます。
久しぶりに二人でベッドに入っても、子供が泣き出すと、F子さんはセックスどころではなくなってしまいます。
そんな時のF子さんは、妻というより母親にしか見えなかったとEさんは言います。
F子さんの頑張りを認めながらも、性欲の対象としては少し違ってきたようです。
そろそろ二人目の子供をと考えだした頃になって、F子さんは夫が全く勃起しなくなっている事に愕然とします。
Eさん自身も、このまま出来なくなるのではと不安になって受診します。
しかし、特に異常はなく、心因性のEDと診断されました。バイアグラを処方されて、EDの治療がはじまったのです。
F子さんは子育ての忙しさからEさんの事をほったらかしになり、Eさんの方もF子さんを母性ばかりが見えていたことも関係すると考えられていたので、夫と妻、男と女としての時間を持つ事を勧められました。
Eさん夫婦は、土曜の夜は二人の時間と決め、疲れている日は無理して挿入しないという約束のもと、勃起しなくても、触れ合う時間をもつことにしました。
これを始めてからは、バイアグラの効果も良く効き何時でも挿入可能になりましたが、挿入に拘らないように二人の時間を楽しむようになり、現在ではバイアグラはお守り代わりになっています。